5000人でも大丈夫な音響設備と注意点

5000人でも大丈夫な音響設備と注意点

株主総会や音楽ライブなど、5,000人規模のイベントが開催されることは少なくありません。これらの大規模なイベントを主催する側にとって重要なのは、集客者の全てが満足できるような音響機器や設備を準備することです。極端な大音量やカラオケのエコーのような環境を回避し、会場内のどの席に座っても均一にすることが求められます。詳細について見てみましょう。

求められるのは聞きやすさ!

株主総会や音楽ライブなどを円滑に行うためには、音響機器や音響設備などの選択が重要になります。大企業が主催する定時株主総会や人気アーティストの野外フェスなどでは、5,000人規模の集客が見込まれるため、それ相応の機器や設備が必要。間違ってもやってはいけないこととして挙げられるのが、「ただただ大音量にすれば良いのでは」と考えてしまうことです。もちろん、5,000人規模というスケールの大きさを考えた場合それなりのボリュームが求められることは事実ですが、何よりも大事なのは「聞きやすさ」に他なりません。耳をつんざくような音量やカラオケのエコーのようなものはかえって逆効果となるため、主催者はこのような点に配慮して音響機器を準備します。

多様化する音響機器!各メーカーの特徴を掴んで導入を

「では、具体的にどのような音響機器をどのくらい用意する必要があるのか」と疑問に思うのではないでしょうか。音響機器メーカーやコンサート設営などに日頃から従事している人は別にして、一般の人にとっては難しい問題と言わざるを得ません。また、株主総会のようなある程度の静けさの中で開催される催しもあれば、コンサートやライブのように賑やかなものもあります。「いずれも大規模な集客の中で開催される」という点は共通していますが、その雰囲気は大きく異なるため、使われる機器は当然ながら異なります。代表的なものを挙げただけでも、ミキサーやスピーカー、パワーアンプにマイクなどと複数あり、使う台数もまちまちです。

具体的な音響機器メーカーとしてはソニーやキャノン、ケンウッドなどが挙げられますが、他にもフォスター電機や第一興商などといった中堅企業の製品も多く活躍しています。ソニーはウェアラブルネックスピーカーに強みを持つことや、キャノンはプリンター技術と音響設備を組み合わせることが得意など各社それぞれの特徴を理解した上での選択や導入が求められます。

音量や音質の平準化を!準備は入念に

株主総会や音楽ライブなどのイベントを企画する際に注意しなければならないのは、会場内のどの席に座っても一定した音量や音質を確保すること。いわゆる、「ハズレ」の席を作らないようにするのが大事です。加えて、長時間聞いていても疲れないような取り組みが求められます。会場選びが重要なこともさることながら、可能な限りリハーサルを行うなどして、必要となるマイクの本数をチェックすることも重要です。マイク一つにしても、ダイナミックマイクやコンデンサーマイクなど続々と新機種が登場しているため、どのタイプが適しているか専門家に相談してみるのも有用といえるでしょう。プロジェクターやモニターから映し出される画像を効果的に組み合わせるなどの工夫を凝らすことで、印象が一気に良くなるケースも少なくありません。

進化する音響機器!イベントの成功に寄与

音響機器メーカーや大規模イベント会場に勤務しているような人は別ですが、5,000人を超えるようなイベントにおける音の環境について的確に把握するのは難しいのが現実です。そんな中、ミキサーやスピーカー、マイクなどの音響機器をそれぞれのイベントに合わせて選択することが重要となります。マイクにしても、ダイナミックマイクにするかそれともコンデンサーマイクが良いかなどを判断することが必要です。