電気自動車・electriccarへの転換

いま電気自動車・electriccarに対しての注目度は最高レベルに達しています。

2017年、フランスのマクロン政権が2040年までにガソリン車・ディーゼル車の販売を禁止する方針だということを発表することに。

電気自動車・electriccarの実現は、実際に、ガソリン車禁止の転換を迫られることになります。

おすすめの合宿免許

電気自動車・electriccarへの転換

また、イギリス政府も2040年までにガソリン車・ディーゼル車の販売を禁止する方針を明確化することになります。

果たしてこのまま電気自動車・electriccarの未来に簡単に到達してしまうのでしょうか。

しかし、今のところ電気自動車・electriccarはガソリン自動車と比較してエコノミーではないということを主張する専門家の意見もあります。

また、電気自動車・electriccarの方が環境に優しくて、電気自動車・electriccarは、バッテリー問題を解決することができれば、万事解決!という意見もあります。

電気自動車・electriccarには、バッテリー問題も大きく関わってくることになります。
またバッテリーの技術革新は、まだまだ可能性を残しているともいうことができます。

充電の問題

しかし、電気自動車・electriccarの問題は、バッテリーではなく充電であることを主張する人たちもいます。

バッテリーの性能が今後レベルアップすることにより、 充電インフラの問題が大きな電気自動車・electriccarの壁として前に大きく立ちはだかってくることになります。

電気自動車・electriccarにはまだまだ戸惑いが

電気自動車・electriccarに何も現在、戸惑いがないと言えば嘘でしょう。

電気自動車・electriccarに注目しているのは、日本だけでなく海外もです。アメリカも、熱いまなざしで、電気自動車・electriccarを見つめているでしょう。

電気自動車・electriccarのトップランナーであるテスラモーターズも、現在、非常に好調で、セダンタイプ・モデル3は価格も300万円台あたりで購入することができます。

海外では電気自動車・electriccarに対してのモチベーションは明確であるということができますが、 日本の電気自動車・electriccarの動向が今ひとつよくわからないと言えばわからないです。

トヨタ自動車は、 HV・PHVに対してかなり力を注いでいます。トヨタ自動車は次世代のメインパワーは燃料電池車(FCV)という位置づけをしていますが、現在、電気自動車・electriccarへの方向性も持ち、そこに力を注いでいるといいます。

今後トヨタ自動車の動向からも目を離すことができません。

関連記事