自動車自動運転・autonomouscar6つのレベル

それで自動運転・autonomouscarはいつ実現するのでしょうか。多くの人たちがそんなことを心の中で思っているのではないでしょうか。

自動運転・autonomouscarの開発はまさに日々行われています。

それは自動車メーカーだけでなく、グーグルやソフトバンクと言った企業を巻き込み大々的に行われています。

実際に、自動運転・autonomouscarは実現しないと考える人たちもいるのかもしれませんが、既に、クルーズコントロール(ACC)、車線維持走行(LKAS)、自動ブレーキ、急発進防止装置と言った機能は、自動車に搭載されて、町中そのようなクルマが走行していたりします。

運転免許はムーチョで

6つのレベル

自動運転・autonomouscarには、6つのレベルが存在します。今後、どう自動運転・autonomouscarが、6つのレベルをクリアするかがポイントです。

自動運転・autonomouscarといえば、
人が操作しない自動車が公道を自走するというイメージを持つ人たちも多いでしょう。

実際に、自動運転・autonomouscarは、すぐにその世界へ到達出来る訳ではありません。

日本においては、 米国運輸省道路交通安全局(NHTSA:National Highway Traffic Safety Administration)が発表している「エス・エー・イー(SAE:Society of Automotive Engineers)」に基づいて定義付けがされています。

エス・エー・イー(SAE:Society of Automotive Engineers)には、0から5までの6つのレベルがあります。

レベル0は、ごくごく普通の自動車のことであり、手動の自動車です。

もちろん自動車が故障した時も、ドライバーが今まで通り対応する必要があります。

レベル1(運転支援)~

レベル1(運転支援)は、同じくドライバーが、運転を担うことになりますが、一部を制御システムが担ってくれます。

クルーズコントロールACC、 LKAS、 急発進防止装置などの自動車です。

既にトヨタ「プリウス」などで、このような機能は搭載され実現しています。

レベル2(部分自動運転)は、加速・操舵・制動のうち複数の操作を一度にシステムが担います。レベル1はどれかひとつに対してです。

レベル3(条件付自動運転)に、ようやく現在到達しているかなと言われています。

まさに、ドライバーの主役が、人たちからシステムへ変わるレベルということができます。

またレベル4は「高度自動運転」と呼ばれます。

そして、 レベル5(完全自動運転)、自動運転・autonomouscarがめざしているのは、やっぱりここ!なのではないでしょうか。