自動車免許センターの仕事

自動車免許センターでは果たしてどのような仕事をいつもしているのでしょうか。そのようなことがちょっと気になったことがあるのではないでしょうか。

運転免許はムーチョで

自動車免許センターとは

運転免許試験場、また運転免許センターという場所は、運転免許証取得のため、いろいろ試験、手続きを行っている場所です。

運転免許センターで、運転免許証にかかわる全部の手続きを完了させることが出来ます。

運転免許センター・運転免許試験場で実施させる試験

運転免許センター・運転免許試験場という場所では、 適性試験、各種学科試験、技能試験などが行われます。

指定自動車教習所を利用して運転免許証取得という方々もいらっしゃることでしょう。そのような人たちは、指定自動車教習所とまず関わり、卒業をして、運転免許センター・運転免許試験場で学科試験を受ける段取りになります。

原付免許取得という場合には、運転免許センター・運転免許試験場で学科試験と適性試験を受ければOKです。

更新

単に免許取得すれば、運転免許センター・運転免許試験場という無縁になるということではなく、免許取得した人たちは、更新のとき、再び運転免許センター・運転免許試験場のお世話になったりするでしょう。

警察署で更新という方々もいらっしゃるかもしれませんが、事前の予約をしなければならなかったり、日曜日に行くことが出来なかったりと、若干、運転免許センター・運転免許試験場の方にメリットが大きいようです。

再交付

更に、運転免許証をなくしてしまったり、盗まれてしまった……、割ってしまった……という時には、運転免許センターで再交付を受ける必要があります。

特別新規申請

更に、運転免許センターでは、特別新規申請という仕事もしています。多くの人たちは、自動車運転免許を有効期間内に更新しなかった場合、もう一度取得をしなければならないと思っているかもしれないですよね。

実際にそのようなケースもありますが、そうでないケースもあります。

例えば、 失効日の6か月以内という限定の期間内に留まっているのなら、特別新規申請のという制度を利用して、再度取得が簡単に行うことが出来ます。

失効日6ヵ月以内の特別新規申請において、学科・技能試験と言ったものは免除があり、適性試験に合格して、特定失効者に対する講習を受けるだけで再度免許取得をすることが出来ます。

運転免許の更新を忘れ、期限が過ぎてしまったら

運転免許の更新を忘れ、期限が過ぎてしまったら……ということに対して対応しているところが運転免許センターです。

運転免許の更新を忘れると免許の失効になります。失効期間中に運転をすると無免許運転となり、行政処分の対象になってしまうので呉々も注意したいところです。

有効期限が過ぎてから6ヵ月以上1年以内の場合は、視力検査、聴力検査、運動能力検査などの適性試験を受験し、講習を受講、そして学科・技能の本免許試験に合格する必要があります。1年以上の場合には、学科と技能の仮免許試験、本免許試験をはじめから受ける必要があります。