自動車中型免許ができた背景と理由

運転免許証には、細かく見れば、いろいろ変動も起きています。準中型免許が新しく登場したというのも、新しい運転免許証の変化です。

果たして、なんで準中型免許というものがここに来て登場したのでしょうか。いろいろ背景を探ってみましょう。

ムーチョで免許を取ろう

準中型免許とは?

準中型運転免許証は、新しく平成29(2017)年3月12日から施工することになりましたこれから運転免許証を取得に行こうという方々は、このあたりの問題もしっかり踏まえて考えていかなければなりません。

平成29(2017)年3月11日まで、運転免許は、
普通、中型、大型という三つのカテゴリーだけでした。

運転できる範囲に対しては、車の重さ・積載量と乗車定員のカテゴリー分けをされていました。

しかし、今回改正があり、ずばり、車の重さ・積載量と乗車定員の範囲は狭まれてしまうことになりました。なぜなら、普通免許と中型免許の間には、準中型免許取得というものがもうけられてしまったからです。

今後は、普通、準中型、中型、大型というカテゴリー分けで運転免許証は継続していくことになります。

平成29(2017)年3月12日以降に、運転免許の交付を受ける人から対象となります。今後、普通免許のみか……、準中型免許も取得するか……ということも踏まえて検討する必要があります。

もちろん、一般的クルマに乗るだけという人たちは、敢えて準中型免許を選択する必要はありません。しかし、今後、高校卒業後、就職先で配送の仕事をするなど、就職活動のことを考えても、準中型免許取得がメリットになるということがあるかもしれないですよね。

平成19年6月2日に施行された改正道路交通法では、運転免許取得後すぐには、宅配便などで使われるトラックが運転できないようになってしまった事態が起きています。そのような問題を改善するためには、高卒の新卒(18歳)でも、トラックを運転できるようにする狙いのため、準中型免許取得が新しく登場したともいうことが出来ます。

準中型免許取得は、普通免許取得と同時に、コンビニなどの配送でも使用することが出来る2tトラックにも乗ることが出来ます。

2tトラックは、保冷設備を乗せると総重量5トンを超えし、平成19年6月2日以降の普通免許では総重量5t未満の事態が起きてしまっていたので、様々な社会問題を引き起こしてしまうことになりました。

今回の改正において変わったこと

今回の改正において変わったことは、普通免許は、受験対象は18歳以上、自動車の種類は車両総重量3.5トン未満、最大積載量2トン未満までとなったことです。

更に、準中型運転免許証では、受験対象は18歳以上、自動車の種類は車両総重量7.5トン未満、最大積載量4.5トン未満としています。

いかがでしょうか。運転免許証の法律は不動のものという認識を多くの人たちがお持ちなのかもしれませんが、意外と、運転免許証は、道路交通法の改正などの背景において、フレキシィブルに変動していたりします。

ついつい知らないで運転してしまえば、「無免許運転」という扱いにもなってしまうので呉々も注意しましょう。