自動車・自動運転・autonomouscarの向き合い方

私達は、現在まさにいま自動運転・autonomouscarと向き合っているのでしょうか。私達は、もうすぐ側に、自動運転・autonomouscar世界があるという認識の仕方をしていますが、本当に、自動運転・autonomouscarの世界は
すぐに側にあるというのでしょうか。

おすすめの合宿免許・ムーチョ

機械製品は壊れるもの

多くの人たちは、自動運転・autonomouscarに交通事故がゼロを期待しているかもしれませんが、自動運転・autonomouscarにも、交通事故はあります。

しかし、その交通事故は、あなたがドライバーで、正しく自動車を運転していたにも関わらず起きてしまったとしたら、果たしてメーカーに全責任があるというのでしょうか。

パソコンで、時々フリーズしてしまうことがあるでしょう。しかし自動運転・autonomouscarの世界では、そのフリーズが大きな交通事故につながってしまうかもしれません。

機械やシステムにバグはつきものという認識を持てば、やっぱり自動運転・autonomouscarって非常に怖い感じがありますよね。

ドライバーの運転をサポートする

自動運転・autonomouscarは、ドライバーの運転をサポートする自動車です。自動車メーカーでは、自動運転・autonomouscarの位置づけを、決して、自動で(人の手なし)運転してくれる自動車とは言っていないのです。

このあたりの認識が、大きく崩れてしまっている人たちもいるのではないでしょうか。

自動運転・autonomouscarに対して正しい理解をしましょう。果たして、それが、日本国民に出来ているのでしょうか。

本当は、メーカーも、自動で(人の手なしで)運転してくれる自動車と言いたいのかもしれません。なぜ、自動で(人の手なし)運転してくれる自動車と言うことができないのかといえば、それを言ってしまえば、交通事故の全責任をメーカーが背負い込んでしまうことになるからです。

ドライバーの運転をサポートするという言い方なら、交通事故は、ドライバーの責任もしっかり問われることになります。

いま、自動車メーカーが頑張って作ろうとしているものは、ドライバーの運転をサポートする自動車なのです。

そのような考えをベースにして、自動運転・autonomouscarの開発は、現在も進められています。

それをしないと、巨大自動車メーカーでも、すぐにタカタのエアバッグ欠陥問題のような大きな危機を迎えてしまうことになるでしょう。