解像度とは

解像度とは

プロジェクターを購入するとき、チェックしなければならない項目には、解像度があります。 漠然とした解像度に対しての理解をしている人たちも多くいて、そのような人たちは、解像度が高いと映像がキレイ程度に見ているのではないでしょうか。もう少し具体的という場合、どの程度まで踏み込んでいけばいいかについて考えてみましょう。

プロジェクターの解像度の場合、 VGAの解像度は640×480
SVGAの解像度は800×600。XGAの解像度は1024×768。WXGAの解像度は1280×800と言った表し方をしています。ドットという細かさ以外に、スクリーンのヨコとタテの比率を示しています。 XGAの「1024×768」は「4:3」のスクリーン比率となり、WXGAの「1280×800」は、ワイドな「16:10」のスクリーン比率です。

プロジェクターの解像度に注目するのと同時に、ビジネスシーンなどで利用する場合、映像を出力するパソコン側の解像度にも注目をする必要があります。パソコンにも解像度がいろいろありますが、一般的なプロジェクターでは、パソコンとの解像度が違っていたとしても、自動変換で表示できる機能が搭載されています。しかし、パソコンとプロジェクターの解像度はなるべくは一致しているのがベストです。 新しいパソコンを購入したというのに、プロジェクターが古いというのではなかなか充分な効果は期待出来ないでしょう。
使用しているパソコンがワイドならば、プロジェクターもワイドな方に使い勝手があります。

16:10の解像度を持つプロジェクターのニーズが現在高まっているのは、より多くの情報量をプレゼンのシーンにおいて提供出来るからです。