プロジェクターの機能

プロジェクターの機能

プロジェクターを購入するとき、解像度以外にどのような点をチェックすれば良いのでしょうか。現在のプロジェクターの購入傾向は、扱いやすさとコストパフォーマンスの高さにあり、液晶タイプに人気があります。

更に映画など落ち着いた環境で観たいという方々には、4K対応モデルも段々と人気商品になって来ています。 持ち運びやすい、モバイルプロジェクタも、使用用途をいろいろと考えることが出来ます。

まず、プロジェクターを購入するとき考えるべきことは、使用用途です。ビジネスシーンだけでなく、 ホームシアターを作りたいという人たちもいるでしょう。 ビジネスシーンにおいて使用するのなら、 明るいオフィスで使用される機会が多く、 輝度が高く、 画質はそれほど重視する必要はありません。インターフェースではRGB入力端子を搭載し、Wi-fiや有線LAN端子を備えている機種など選択してみてはどうでしょうか。

ホームシアターの場合は、輝度は低めであり、コントラスト比が高く、画質に拘りを持ち、インターフェースではコンポジット端子やHDMI端子を搭載している機種の選択がいいです。

見やすさをチェックするために、 最大輝度なども見ておきましょう。 明るいほど見やすくなるのですが、購入価格も高くなってしまいます。プロジェクターでは、明るさをあらわすため、「ルーメン」という単位を使用しています。 家庭用のプロジェクタは1000~2000ルーメンが一般的であり、ビジネス用プロジェクタの場合は2500ルーメン以上の輝度が基準です。

画面の明るい場所と暗い場所のコントラスト比が高くなるほど、黒がしまった感じで見えます。 コントラスト比が高いということが、実際には高画質ということではありません。

更に、プロジェクターを購入するときにチェックしなければならないことは、設置場所と補正機能です。 そもそもプロジェクターは、スクリーンに対し正面から投写すればいいのですが、 プロジェクターを使用する環境によっては、正面から投射出来ないときもあります。

プロジェクターには、台形補正という機能が備わっている場合があり、プロジェクターをそのような使い方しか出来ないケースにおいて、映像が台形に歪んでしまいますが、その歪みを直してくれるのが台形補正機能という機能です。スピーディーに自動補正してくれる機種も販売されていますので、そのような状況が多いと判断した場合には、是非、台形補正も選択肢に入れて検討してください。

更に、環境が満たされない場合、スクリーンの左右から投写しなければならないというシーンもあり、その場合では横部分から歪みが生じてしまうことになります。そのようなとき、横方向からの補正してくれるプロジェクターの機種がありますので参考にしてください。

現在、プロジェクターは、エプソン、BenQ、リコー、 ソニー、Acerなど様々な会社から販売されています。手ごろな価格帯で、大会議室用まで豊富に揃っているのはリコーです。

エプソンはビジネスプロジェクタで世界シェアNo1です。

ゲーマー向けプロジェクタが登場して話題になっているのは、 Acerです。

更にいろいろな視点で、メーカーを比較してみましょう。