ポータブル、据え置き、天吊り?

ポータブル、据え置き、天吊り?

求めているプロジェクターはポータブルでしょうか、据え置きでしょうか、天吊りでしょうか。プロジェクターを購入しようと思ったとき、おおまかに選択肢は、「液晶プロジェクター」と「DLPプロジェクター」、「LCOSプロジェクター」の三つです。

液晶プロジェクターとは3LCD方式のことであり、プロジェクターに液晶パネルが内蔵されてあり、光源ランプから光を透過させ、 プロジェクターのレンズを通じ、スクリーンに映像を映しだしていきます。この機種は最近、かなり高スペックのものも登場して来ています。

DLPプロジェクターは、デジタルマイクロミラーと言う反射鏡パネル内蔵です。このプロジェクターは、鏡を使い、反射によって映像を映しだし、 映画館でもこのようなメカニズムのものが使用されたりしています。小型のプロジェクターが多いのも特徴の1つとして考えることが出来ますが、 人によっては映像に虹が見えてしまい気になってしまうことがありますので、購入時には、実際に映像をチェックすることをおすすめします。

LCOSプロジェクターは、反射型液晶素子という意味です。 表示パネルに反射型という構造を利用することで、段階に分けて光を反射させるメカニズムです。4K映像にも対応している解像度が高いのも特徴です。医療機関でも、このようなものが積極的に利用されていたりします。ただし、比較的価格も高騰傾向にあり、大型化してしまうデメリットもあります。