プロジェクターとは

プロジェクターとは

プロジェクターに関心を持っている人たちも多くいるのではないでしょうか。プロジェクターとは、スクリーンにモニタ画像を映写する機器(投影機)のことを言います。 Blu-rayやゲーム機などを接続すれば、手軽な感じで100インチ以上の大画面を楽しむことが出来、まさに部屋の中を映画館にすることが出来ます。

おすすめのプロジェクターレンタル

ただし、どの家庭にも現在、プロジェクターがある訳でもなくて、まだプロジェクターの歴史は、成長過程にあると言ってもいいかもしれません。

現代社会において、プロジェクターの存在とは、裕福さの証しかもしれません。プロジェクター程度の価格で、裕福さを実感出来るのなら、やはり、プロジェクターに注目する意味は大きいのではないでしょうか。

プロジェクターは、裕福さの証しであるものの、実際に購入しようと思えば、既に、100インチの大画面をプロジェクターとスクリーンで約20万円レベルで購入出来るほどになりました。液晶テレビで100インチの大画面で楽しむという別の方法があるとしても、それを実現するためには、 100万円以上の導入コストがかかってしまうことになります。ここでしっかり区別しなければならないのは、液晶テレビと、プロジェクターの違いです。

更に、プロジェクターは、 本体サイズもA4サイズのものも登場して来ており、どんどん軽量化、コンパクト化が進行しています。 プロジェクターは、液晶テレビとは違い、光をスクリーン(or白い壁など)に映像を投射する方法なので、プロジェクター本体と、映像の光を受け止める壁やスクリーンを用意出来ればOKで、使用しない時には片付けることが簡単に出来、スペースを有効的に活用することが出来ます。

更にプロジェクターは、液晶テレビとは違い、デジタルサイネージ(電子広告)として有効的に活用出来る他、 建物にプロジェクターの映像を重ねあわせ、動きをつける技法(プロジェクションマッピング)の手法を取り入れるケースも増えて来ました。

ただし、プロジェクターで部屋を映画館にしようとしたとき、デメリットもない訳ではありません。まず、プロジェクターを使用するときには、部屋を暗くしないと映像をクリアに見ることが出来ません。液晶テレビでは、何か他ごとをしながら、映画を観ていた人たちもいるかもしれませんが、プロジェクターを使用したからには、映画に集中しなければなりません。

プロジェクター本体とスクリーンの間に障害物があったり、人間が歩いたりすると、映像が遮られて映らないデメリットもあります。 そして、スクリーンとプロジェクターの距離がある程度必要であり、プロジェクターで映画館を作るのなら、ある程度のスペース空間は必要となって来ます。しかし、それほど大きな部屋がなければ映画館を作ることが出来ないという問題でもありません。最近では短い距離でも大きいサイズを投影できるモデルも増えてきました。

そして、一部のプロジェクターを除き、ほとんどのプロジェクターは地上デジタルチューナーやブルーレイプレーヤーも内蔵されてないので、別途DVDプレーヤーやブルーレイプレーヤーなどの再生機器を用意しHDMIケーブルなどで接続する必要があります。更に、プロジェクターの機能、購入のコツなどについてお話しをします。